--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/17
2008 Wed
お世話になった人へ2
教え子の啓太くん(小5)。

大学2年の夏から教え始めて
早2年と数ヶ月。

当時は小3で
椅子にじっと座ることもできなくて
ツバを飛ばしてくるは(汗)
くしゃみをわざとこっちに向けてくるは(涙)

ピアノ弾けるようになったと思ったら
翌週にはすっかり忘れてるという・・・

典型的な「ママに言われて始めました」な生徒で。

ちょーーーーーー
手のかかる生徒でした。笑

ちゃんと真面目にクラシックを教えてる友達に
アドバイスを聞きつつ
でもまっっったく予定通りには進まず。

あまりにも成長しないから
何度も自信が崩れて
帰り道で涙したこともあって。(出張レッスンでした)

でも啓太くんのお母様に
「この子、先生に会えるのを楽しみにしてるんです」
て言われて少し自信を取り戻して

とにかく楽しく、笑いが溢れるレッスンになれればと。
方向を変えてレッスンをするようになったら!^^

少しは弾いてくれるようになってくれました。


ようやく波に乗ってきたなって思ってたのに。。

来年の春 私が卒業するということと
啓太くんが受験シーズンになるということが重なり

今年いっぱいで辞めることになり。

小さい子って環境が変わりやすくて
吸収もとにかく早いから
きっと私の事もすぐ忘れちゃうと思うけど

それでも少しの間だけだったけど
啓太くんと関われてよかったなって思う!^^

子どもとの接し方がわかったし、
なにより音楽の楽しさが私自身学べた気がする。

ありがとうね、啓太くん^^


バレンタインに作ってあげたケーキがまた食べたいって
前に言ってたから最後のレッスンのときに作っていって

最後の最後に渡してバイバイをしてきました。
あー可愛いかったなぁ^^


「先生ぇ、時間がある時は電話してね・・・。」

きゅーん!!+。゚(o゚д゚o)゚。+


ってなったけど、これからどんどん反抗期に突入していくのかなって思うと
恐ろしいわぁ^^;(現実的

そして次に誰かに教えるのは私がおばあちゃんになってからかなぁ。

その時が楽しみだな^^

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © マコっチャン物語. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。