--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/01
2008 Sat
堅くて真面目なお話
9月にじんましんが出て、体質が変わってしまって、
牛乳たまごチーズを取らなくなってからは体調も落ち着いてます^^

原因がわからなかったから病院に行ったけど、何度聞いても言われたことが
「ストレスです」の一言だけで、検査もしてくれなくてお薬を出すだけでした。

自分で色々食べてみてわかったのが乳製品アレルギーになってしまったってこと。
やーっぱり最後に頼りになるのは自分だね(´ー`)

そして今の医学はこんなものかって感じました^^;
確かにお薬を飲んでる間はじんましんも出ないし、
身体も楽だったけど

お薬やめた瞬間にまた出始めてたら、良くなってるとはとてもじゃないけどいえないと思う。
医療界がこんなんでいいのかな。西洋医学に疑問を感じる最近です。

お薬を出すことより生活習慣の改善を呼びかけていったほうが絶対病人は減ると思うんだけど。。
病気になるってことはその原因になることを人間本人がしでかしてるんだから
そこらへんを気付かせてあげなきゃいけないよ><

でもねぇ。。所詮ひとりの力では医療界は変えられないので
私は自分の信じる暮らしをしていくことですね☆

そもそもこの年でこんなこと考える人は少なくて。だって自分は健康(だと思ってる)人が大半だから。
友達に話しても、目が点になる子がたくさんいてあまり理解が得られないので
今日は日頃の想いをここに書いてやります(´ー`)ノ


ほんと常々思うことは、世の中お薬に頼りすぎてる。
あれは治してるんじゃなくて、症状を押さえ込んでるだけなのに。

ていうより、せっかく膿となって、痛みとなって外に出ようとしてる悪いものを
お薬でまた引っ込めてどうすんのって話だよ。

膿が出たら、出し切ってやるのが大事。
痛かったら、痛みの原因を探すことの方が大事。

その根本的原因を探さないと、ずーっとずーっとお薬と一緒に生きていかなきゃいけなくなるのです。
自分の生活習慣を省みずにただお薬を飲んでる人を見てるとほんとイライラする^^

でも私は説教するほど偉くもないので理解が得られなそうだったら何も言わないし、
わかってもらおうとは思わない。

23という年齢が限界を与えてるのかもしれないね。

自分でも思うけど言葉に重みがないんだよね。
そこまでの経験をしてないから、説得力に欠けるっていうか。

小娘が何言ってんだっていう目をする人はたくさんいるし。
そういう人達にはもう近付かないけど。

でも立派な人ってちゃんと耳を傾けるよね。
全ての世代の意見を聞いておこうっていう傾向があるような気がする。

だからそういう人にはちゃんと自分の考えが言えるし、ちゃんとわかってももらえるから好き*^^*




ってなんでこんなことをダラダラ書いてるのかっていうと、
今日はあるセミナーに参加してきたのね。テーマは簡単にいうと医学療法について・・・かな。
今流行りのリンパマッサージとかの講習もあって。♪

で、だいたい700人いるのに見事に50代、60代の方がほとんどで。
みんな身体のあちこちに支障を感じるようになってから健康への関心が高まるんだよね。

まぁ人間ってそういうもんだよね。
でもそれじゃ遅すぎるんだよ。
長年培ってきた疲労、毒素っていうのは半端ない量があって。

身体に違和感を感じてなくても、少しずつ、今の年齢から取り除いていかなきゃいけないのですよー


会場の中でぽつんと若者がひとりー。

ちょっと浮いてた感じもしたけど

でも日頃感じてることを東洋医学の先生が堂々とお話しされてたので
今日は大満足の一日でした^^

やっぱりそうだよねー!?て。声を大にして言いたかったです。

今日得た知識、メモってきたので
整理してまたここに書こうと思います^^

将来 大きい病気にならないためにも、今から気をつけるべきことはたくさんあるのですー


Comment

管理人にのみ表示

ボクも昔からアレルギー性鼻炎持ちで、小さい頃は病院にいって、
ネブライザーとかいう気体の薬を鼻に直接吸引させるような治療をしてましたね。
でも結局、その場しのぎでしかないんですよね。体質に関する治療って。
だから次第に病院にもいかなくなりました。最近では「デトックスだー」っていって、水を2L以上飲むようにしたりして、
そのうち体質がマシになることを願ってますが^^
病原菌による体調不良なんかには薬ってゼッタイ必要なんだとは思いますが、
人の体質についていえば、薬は治せるもんじゃないのかもしれませんね。
でも、いわゆる「体質改善」だとか「東洋医学」だとかって、時間もかかるし根気も要るし、なかなか難しいのも確かですよね。
その場しのぎでも即効性のある薬に頼る人が多いのも、仕方ないことなのかもしれません。
「ダイエットにはバランスの取れた3度の食事と運動が大事」
「毎日の有酸素運動でメタボ改善」
「1日たった3つの英単語を覚えるだけで、1年で1000語以上が見に付く」
なんてわかりきってるはずなのに出来ない人が多いのと同じで。
人間ってやっぱ楽な方にどうしてもなびいちゃいますからね^^
だから、薬は薬で必要なんでしょうね。需要はあるので。
ただ、薬で体質はそうそう治らないというアナウンスだけは、するべきなんじゃないかなぁとも思いますね。
ろっし | URL | 2008/11/01/Sat 23:40 [EDIT]
>弟ろっしさん

コメントありがとうー!
結局、日頃の意識が大事なんだよね。
何気ない不摂生ってあとあと必ず来るから、
今のうちから小さいことをコツコツ気をつけておけば
病気は防げるんだよきっとね^^
病気になってからじゃあ遅いから。
東洋医学に対する考え方も人それぞれだから
無理強いするつもりはないけどね。
ただ病気になって、薬を使って、副作用が生まれて、
最悪記憶障害とかになる場合もあるから、
それなら病気にかかりやすくなる40代50代になる前に
自然治癒、自己治癒力をアップする暮らしをした方が
いいと思うのです^^
でも薬は薬で必要かぁ・・・。そうなのかもね^^
人によって信念は違うし、薬で治すって人もいるし
そうじゃない人もいるし。それぞれの生き方をして、
死ぬ時にわかるっていうことだね。笑

ちなみにお水2Lはちょいちょい飲みがいいよ☆
マコっチャン | URL | 2008/11/02/Sun 21:53 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © マコっチャン物語. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。