--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/10
2008 Sun
手を差し伸べるかどうか

病み仲間の友達が、まだ病んでるみたい。
でも私の力では引っぱり上げることができないみたい(´~`)

同類だから気持ちはわかってるつもりでいたけど、
久々に会って話したら明らかに壁を作られたって感じがした。orz

ちょっと寂しかったし、悲しかったな。。
そりゃあ力にはなれないかもしれないけど、
見切りをつけられたっていうか。

見放されたっていうか。
よくわかんないけど、私に助けを求めてた数週間前と違って
明らかに雰囲気が変わってた。

なんかなぁ・・・。
私なんかしたかなぁ。。

聞き方がまずかったのかな。
アドバイスの仕方が悪かったのかな。

スッキリしないー。


ってモヤモヤ考えてたけど、
助けなくていいんならもう手出しはしない。

勝手に自力で起き上がれって感じ。


結局周りの助けを受け止めない子なのかな。
それなら自力でなんとかがんばるしかないでしょ。
どうして欲しいのかもわかんない状態でどこをどう助ければいいのー?

真正面からぶつかっていくほど今の私には余裕がない。

でも自分が苦しい時は助けてくれたし、味方になってくれたし、
とてもとても感謝してるのは変わらない^^

波長が合うし、珍しく女友達で会話するのも辛くなかったんだけど
でもきっと病み菌が心のユトリをなくしちゃったんだね。

申し訳ないことしたなぁ。。。
基本好きなのは変わらないけど、
壁を作られたらもう壊す勇気がないよね。

あっちが歩み寄ってきてくれるまで、私は近寄らないでいよっと。
臆病者でごめん。

だけどそれまでに、自分を立て直して
助けを求められたら今度こそ助けてあげられるようになりたいな。


自分立て直しまであとちょっと^^
なんとなくわかる。

自分の周りの空気が少しずつ明るくなってきてるもん。

相変わらずの不眠症だけど・・・。
でもこれも少しずつだけど、眠れるようになってきてる☆

スローペースにがんばります^^

Comment

管理人にのみ表示


Track back
TB*URL

copylight © マコっチャン物語. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。