--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/08
2010 Mon
4年前と今と
今映画で話題沸騰中の「サヨナライツカ」を読みました。
実はこれ、昔友達に勧められて読んだことがあって。

ここじゃない違うブログの過去記事を探したら、あった

そこには“愛ってどういうことなんだろう”て書かれてて
あはは若い自分って思いつつ明らかに4年前の自分とは違う感情を抱きながら
今回この本を読みました。

たぶん、4年前の私には愛とか恋とか全然わかっていなくて
ませた小学生のようにわかった風に読んでいたんだと思う。

うろ覚えの記憶を片隅に置きながら、全部読みました。

・・・

忘れられない恋って誰にだってあると思うの。
それが実らなかったら、余計に思い出に深く深く残っていくよね。

私だけじゃなくて、相手にも過去はある。
だからすごーーーーく複雑な気持ちで読みました。

豊の気持ちも、沓子の気持ちも、光子の気持ちも
全部全部よくわかるよ・・・!!!!

恋愛の形にはいろいろあるっていうけど
2年前に読んでたら多分今とは違う、いろいろな感情が生まれたんだろうな。

それでも今以上に感動することはないと思うけどね。


どうも映画では散々に言われているね。。
原作どおりじゃないのかなぁ。

予告で光子が誰かに「豊さんに愛してるって言われたことありますか?」て聞いてる声があったけど
原作にはそんなセリフないんですけど!!

不安がちょっと生まれました。

まさかの原作無視?
映画観たいけど、観たくないなぁ。



スポンサーサイト
11/02
2008 Sun
発売日に^^
大好きな内田彩仍さんの新刊を発売当日に買いました~

なちゅらる
イメージ

「シーズンワードローブ favorite style for four seasons」

表紙は彩仍さんです^^
顔は伏せてるけど。とても可愛いです☆

中に自転車を押してるショットがあるんだけど
私もこういう暮らしがしたいですぜひ^^ぜひ^^

福岡県在住ということで、ステキなお店をたくさん紹介してくれています。
実家に帰る時があったら彩仍さんお勧めのお店に立ち寄ってみようと思います♪♪

行きたいお店がたくさんあるよー
来年の春に一度帰ろうかなぁ^^

るんたるんた♪♪

10/25
2008 Sat
理想的なライフスタイル
少し前に買った本たち^^

内田彩仍さんのDear,sweet home―おうちがいちばん内田彩仍さんのDear,sweet home―おうちがいちばん
(2005/02)
内田 彩仍

商品詳細を見る


おうちのじかん―毎日をとっておきの1週間にするために、私がしていること。 (別冊美しい部屋)おうちのじかん―毎日をとっておきの1週間にするために、私がしていること。 (別冊美しい部屋)
(2007/05)
内田 彩仍

商品詳細を見る


内田彩仍さんのちょっとだけおめかし。私の暮らし―Dear,sweet home (私のカントリー別冊)内田彩仍さんのちょっとだけおめかし。私の暮らし―Dear,sweet home (私のカントリー別冊)
(2005/12)
内田 彩仍

商品詳細を見る


内田彩仍さんの私の好きなおしゃれ for Comfortable days (e mook)内田彩仍さんの私の好きなおしゃれ for Comfortable days (e mook)
(2006/08/26)
内田 彩仍

商品詳細を見る


私のクローゼットから my favorite style (e-MOOK) (e-MOOK)私のクローゼットから my favorite style (e-MOOK) (e-MOOK)
(2007/11/10)
内田 彩仍

商品詳細を見る


ミルクとまいにち~SWEET DAYS with MILK&KLIMミルクとまいにち~SWEET DAYS with MILK&KLIM
(2008/03/15)
内田 彩仍

商品詳細を見る


ナチュラルな生活に憧れていたら、内田 彩仍さん著書の本に巡りあいました。

どの本も心が思わずほっこりしてしまう内容で、
読んでるとついついニコニコしてしまいます。

私も家庭を持ったらこういう風に
何気ない毎日に感謝をして、
何気ない毎日に喜びを感じて生きていきたいなぁ^^

最近買う小物たちはみんなナチュラルテイストのものばかりです。
リネン素材のものを見ると心が躍る☆

10/13
2008 Mon
魔王
魔王 (講談社文庫 い 111-2)魔王 (講談社文庫 い 111-2)
(2008/09/12)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


読まずにはいられない☆だって伊坂ワールド大好きだから。

がしかし。おちゃらけ一切なしのお真面目ストーリーでした~・・・
面白かったけどね^^

無意識の部分を意識化することに私はすっごく苦痛を感じるんだけど、
やっぱりそれは大事なことなのかもなぁ。。

見えなかった部分が見えてくるし。


でも気付きたくなかったってこともあるじゃん?

私はずっとふわふわ無意識の中で生きていきたいよ。
まぁ悩み症の自分は無意識に考えて考えて結局気付いてしまうんだけど^^;

時代に添って生きるのも、時代に逆らって生きるのも、
その人次第だから。

いつの間にか時代という荒波に流されてしまってる自分がいることに気づいた作品でした☆

って支離滅裂な文章だけどご勘弁☆
本読めば私の言いたいことがわかると思う^^

10/12
2008 Sun
裏事情。
ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫 ま 34-1)ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫 ま 34-1)
(2008/08/28)
松岡 圭祐

商品詳細を見る


夢の国であるねずみの国をどうやって小説化にしたのか気になって買ってみました^^
派遣でやとわれた男の子が主人公なんだけど、勤務初日からねずみランドの裏事情をどんどんぶちかまされて軽くショックを受ける物語でした(全然違う)。この少年と同じく、絶対軽くショック受ける読者がいると思うんだよね。ねずみランド側も営業妨害で訴えてこないのかなぁってちょっと不安になったけど最後はマルク収めてハッピーエンド。良かった良かった。最後に残ったものはー・・・・、キャストのクオリティーの高さが良くわかったってことかな。これはねずみランド側も美味しいんじゃないかな。
copylight © マコっチャン物語. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。